「ケア補完型集住」シェアハウスカルテNo1 託児所併設型シングルマザー向けシェアハウス「ゆいほーむ」

 家族関係の希薄化や地域コミュニティの崩壊など、人と人との直接的な関係が乏しくなる中で、コミュニティを新たに築くような住まい方が確認されはじめています。
 例えば、家族という枠を超え、非血縁関係でともに住まう、コレクティブハウジングやシェアハウスなどもその一つといえるでしょう。
 非血縁関係にあるものが集住するというスタイルは、女性問題、環境問題にかかわる居住運動を背景に、家事の共同化、生活の合理化等を目的として欧米諸国を中心に発展してきました。

 近年では、1住戸を非血縁関係にある住人でシェアする「集住」スタイルが首都圏を中心にブームになっています。

2009年12月時点でシェアハウス居住者は東京を中心に約1万人存在すると報告されていますが、その数は依然、増加しつづけています。

 その中で、育児負担やそのストレスの軽減を目的とした「ひとり親向け」シェアハウスも開設されはじめています。
 ここでは、「ひとり親向けシェアハウス行脚」と題して、全国で展開されているひとり親を対象としたシェアハウスの事例について紹介していきたいと思っています。

 シェア居住、とりわけ、世帯型のシェア居住は、日本ではそれほど浸透してきませんでした。そのため、どういった生活をしているの?何を基準に、シェアハウスを評価したらいいの?設備は?家賃は?規則は?など、様々な疑問をお抱えの方がおおいのではないでしょうか。

シングルマザー、シングルファーザーで転居を検討している方、あるいは、離婚後の住まいを探しておられる方などにぜひ参考にしていただきたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
シェアハウスカルテ No.1
託児所併設型シングルマザー向けシェアハウス「ゆいほーむ」

○シェアハウス開設の背景-子どもを守るためには、親支援が必要-
託児所併設型シングルマザー向けシェアハウス「ゆいほーむ」は、恵庭市の閑静な住宅街にある。札幌駅から最寄り駅(恵み野駅)までは、約30分程度、新千歳空港からも、電車で25分と就労環境も良好だ。最寄り駅からホームまでは徒歩8分。商業施設、総合病院、保育所も徒歩圏内にあり、働くシングルマザーにはありがたい環境である。

株式会社オフィスYUIの三神代表は、「シングルでも子育てがしたい」、そして、「あらゆる問題から子どもを守りたい」という思いにかられ、6年前から里親をはじめた。
「里親=養子として引き取るというケースばかりではない」ということは、筆者も三神代表へのインタビューで初めて知った。
三神代表いわく、「親が働けない」「病気である」などの理由から短期間だけ、里親制度を利用したり、児童養護施設で暮らしたりという子どもは非常に多いのだという。

三神代表は、6年間で、12名の子どもの里親となった。そこで感じたことは、「子どもを守るためには、親への支援が必要」ということである。中でも、シングルマザーが抱える問題は深刻だった。貧困、疾病、精神疾患、DVによる後遺症など、様々な問題が彼女らを取り巻く。働こうにも、育児のために働けない。がんじがらめになった母親をそこから救うためには、同じ境遇にある数世帯のシングルマザーがともに助け合える「シェアハウス」の開設が有効な解決策ではないかとの結論に至った。

○シングルマザーを支援するシェアハウスの開設
2013年5月、三神代表は自宅の近くに、木造2階建て5LDK(1階に8畳の和室が1部屋、2階に7.7畳が2部屋、8.8畳が2部屋)の物件を購入しシングルマザー向けシェアハウスを開設した。育児に困るシングルマザーの問題を予測して、1階のリビングを無認可の託児所とした。このほか、1階の和室は、事務室、宿直室として利用されている。

【ゆいほーむの間取り図】
YUI 図面

定員は4世帯。入居の際の敷金、礼金は不要だ。家賃は35,000円と生活保護レベルに設定した。そこに、管理費5,000円、水光熱費5,000円(冬場は8,000円)が加算される。希望者には、朝夕2回の食事を大人15,000円、子ども10,000円で提供する。場合によっては自炊も可能だ。
アレルギー体質の子を預かることが多い三神代表は、無農薬、無添加の食材を意識的に選別して調理を行う。

同ハウスでは、公的な保育では補いきれない、病児や早朝出勤、残業等の対応のために託児所を併設しているが、入居者には、必ず認可保育所への入所を勧める。「低所得のシングルマザーであれば、利用料は低額あるいは無料」というのがその理由だ。
そこで補いきれない部分を託児所で引き受けるというのが基本的なスタンスである。託児所の料金は、入居者でありかつ、認可保育所に通っている子どもらであれば、基本的には無料である。但し、送迎や入浴、学童保育などのオプショナルサービス、また、母親のリフレッシュの目的でサービスを利用する場合には別途料金が発生する。なお、この託児所は地域の子どもを持つ家庭にも開いている。夜間は泊まり込みの男性スタッフが入居者の安全を守る。

現在は、三神代表と子どもたち(1歳と5歳)、そして1組のシングルマザー(子は小学1年生)がともに暮らす。満室になれば、三神代表の部屋を新たな入居者に明け渡すつもりだという。

○切迫した女性たちの実情
問い合わせは全国から寄せられる。中には海外からも、問い合わせが来るという。行き場が確保できなければ、不安で離婚できないというケースは多い。
「空きがありますよ」という一言に救われ、「頑張って離婚します!」と力を取り戻すシングルマザーは多いそうだ。
このほか、行政の相談窓口から紹介された女性が「今晩行くところがないので受け入れてくれないか」と問い合わせてくることもある。今後は、そういった短期の入居ニーズへの対応も検討していくとのことであった。

子を抱えるシングルマザーにとって、縁もゆかりもない、地域への転居は不安も大きい。いきなりの入居が不安なシングルマザーには、体験入居(1泊5000円)のシステムも準備している。「不安を乗り越えて決断してくれれば、全面的にバックアップします」と三神代表。

最後に、筆者から「採算度外視の運営、かつ、社会的意義が非常に高い事業のように思いますが。NPOとしての設立ではなく、なぜ、企業として実践してらっしゃるのですか?」と率直な意見をぶつけてみた。
すると、「まともに回れば、なんとか運営は成り立ちます。社会的意義が高い事業を展開して、ちゃんと税金を支払うことにこだわっているんです。」と笑顔で回答してくれた。
まだ、開設から1年。今後、運営が軌道にのれば、第2、第3のハウスの運営も視野に入れていくとのことであった。
(調査日・2014,6,29)
託児所兼リビング
yui リビング

ゆいほーむの概観
yui 概観

カウンター形式のキッチン
yui キッチン

多世代用にしつらえられた洗面所
YUI 洗面所

日当たりがよく快適な個室
yui 個室

【お問い合わせ先】
株式会社オフィスYUI
三神 利恵 代表
〒061-1372 北海道恵庭市恵み野南2丁目13番7
TEL/FAX 0123-21-9792
MAIL info@officeyui.com
http://sapporo.couleur-mama.net/magazine/cat371/20131001_164459.html

「ケア補完型集住」シェアハウスカルテNo1 託児所併設型シングルマザー向けシェアハウス「ゆいほーむ」」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: シングルマザー シェアハウス 札幌 | シングルマザー/シングルファザー | シングル情報おまとめサイト

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中