住総研研究論文が発行されました

ケア相互補完型集住への潜在的ニーズの把握と普及に向けた課題―地域に住み続けるためのケアと住まいの一体的供給の可能性―が発行されました。

同研究は、2016年度、住総研の研究選奨を受賞いたしました。

本研究は、2014年度住総研の研究助成により実施されたもので、奈良女子大学の室崎千重さんとの共同研究です。

フルペーパーを研究業績の査読無論文No13に追加いたしましたので、ご興味のある方はぜひ、ご参照ください。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中