セクシャルマイノリティの住まいの問題に関するアンケート調査ご協力へのお願い

 👉下記のようなアンケート調査を実施しています。お心当たりの方へお届けくださいますようお願い申し上げます。

 本、アンケート調査は、セクシャルマイノリティの方々が、住まいの確保の際に、どのような課題に直面するかについて明らかにすることを目的としております。
 「セクシャリティを理由に住まいを借りることが難しかった」、例えば、「同性パートナーと、住まいを探す際、不動産業者から『貸し渋り』にあった」などのケースは多数報告されています。

「住まいは人権」、人間の生活に欠かせない基盤です。何より、われわれは、「誰と暮らすかは私が決める」ことが尊重される社会でなくてはならないと強く信じています。

 本調査はこういった言われのない不当な扱いの実態を広く見える化し、明確な根拠を持って、国や不動産関係主体に状況の改善を求めることを目標としています。

 誰もが住みやすい住まい、環境を創出するには何が必要か。「誰と暮らすかは私が決める」ことができる社会に向けて、是非、忌憚なきご意見をお寄せください。

 ※回答は1度だけでお願いします。
 ※皆様から頂いたご回答は、全て統計的に処理をいたします。
 ※自由記述に関しては、個人が特定できないよう配慮して整理をいたします。
 ※アンケートに関するご意見、ご質問は ylisa0630@gmail.com までお寄せください。

                  追手門学院大学地域創造学部 准教授 葛西リサ
                                  3年ゼミ生一同

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=m4Js1K1G7U-9TkKeA9JoAhoLT_Y6d1JNjZ7bkBgnIVJURFo4VkMwVkJFRkNXTFZSOUdNRTcxTTg5Ni4u

QRコードをご利用の方は、こちらからお入りください

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中